服は人生の形

愛され、選ばれ、差がつく!これ、女性誌でよく見かける言葉ですよね。

 

愛されコーデ♡選ばれる私になる♡ちょっと差がつくこなれシャツ♡みたいな。

でもね、ちょって考えてみて下さい。

 

愛されたい、選ばれたい、差をつけたい!

 

 

これ、全部が全部、自分以外の人がいなくちゃ発動しないワードです。

自分では完全にコントロールできない「他人」をコントロールしようとする言葉、ともいえる。

 

愛されたい!選ばれたい!差をつけたい!と、思うのが悪いわけではない。

 

愛されたいし、選ばれたいし、差をつけたい。
そのためには「他人」がどう思うが「予測」して、それに見合う「私を作る」必要がある。

 

だからこそ、女性雑誌はこぞって、

愛されコーデ♡選ばれる私になる♡ちょっと差がつくこなれシャツ♡みたいな記事を書く。

 

愛されるためには、選ばれるためには、差をつけるためには、
この商品を買うといい。
愛されず、選ばれず、差がつかないのは、
この商品を買わないから。

 

 

……と、いうのは、意地悪な女性誌の読み方になっちゃいますけど。

 

ファッションは、他人の視線、他人の思惑をコントロールするだけの存在ではありません。

 

戦略としてかなり使える重要なツールなのは確かなんだけど。

ツールはツールとして、必要な時は臨機応変に活用しつつ、本質的には、自分のために装うのが、楽しいんじゃないかな?と、私は思います。

 

常人に「どう思われたいか?」だけを考えて装うのって、ファッションが平坦になってしまう気がする。

 

 

 

とはいえ、お洋服への想いは人それぞれ。

似合っていない服を着るのは、自分や相手に対する冒涜だ!と思う人もあれば、

似合っていないなら、似合うようにするまで!という気合で着こなす人がいてもいいし、

色やデザインよりも肌触り至上主義!でもいい。

 

 

身に付けるものは人生と思想が一番、わかりやすい形で現れるものであるからこそ、

自分自身の想いを貫くのがカッコいいかな、と思います。

 

あなたが「ヒロイン」として生きる方法がわかる、「神話の法則」無料のメールレター。


 


Gmailでご登録いただいた方は、初回は【プロモーション】フォルダに届きます。

ドラッグ&ドロップで、【メイン】フォルダに移動していただけると、次回から【メイン】に届きます。

「ネコが教えるお金の話」
お買い求めは、全国書店 または、Link→Amazon で、どうぞ。

ネコが教えるカバー (1)