波風立てずに、上手にお誘いを断る方法

「波風をたてずに、上手に断りたい……」そう思うこと、ありますよね。

会社務めをしているなら、

  • 会社の運動会
  • グチばっかりの飲み会
  • 派閥臭のあるランチ会

 

プライベートならば、

  • 親戚の集まり
  • ママ友ランチ会
  • グチしか話題がない女子会

もう断る!断るけど、どうせなら、穏便にスマートに断りたい!

そんなとき、どうする?というお話です。

断りたいけど断れない……。という、「いい人」のあなたは……

誘われて断るの、悪いから断れない……。という理由で、いまてで大抵のことに「うん」と言ってしまっていたタイプだったら、

断っても、案外なんともない。

という現実を体験してみるところからはじめてみるといいと思う!

ほんと、案外大丈夫だから。

断るときのポイントは、

「〜〜だから、ダメなんだ。ごめんー!」

〜〜だから、のところは、「理由」です。

たいした理由じゃなくてもいいんですよ、とにかく「理由」でさえあれば。この、

人に、「うん」と言って欲しい場合は、とにかく「理由」を伝える!

これは、心理のほうでデータが出ていることなので、間違いない。勇気を出して、やってみるといいと思う。

それでも、「断ることに罪悪感がある」あなたは……

人と約束する前に、自分と約束をするといい。

「私はもう絶対に、わたしの時間を、私のためにしか使わない!」

この約束を、まず自分とする。そうすれば、

「なんか断るの申し訳なくて……」みたいな気持ちで、行きたくない場所行ったり、やりたくないことをする、その時間から開放されます。

あなたの時間は、あなただけのもの。

家でダラダラ意味がないみたいな時間の使い方をするのも、あなたの自由。友達の、ダラダラ続くグチを聞くのも、あなたの自由。

自分と約束した「私のためにしか使わない」というのは、自分のためだけに時間を使う。という意味ではなくて、

私がOKしたものにだけ、時間を使う。ということ。

幸せになりたいなら、まず自分との約束を守ろう。そうすることで、選択的な幸せがあなたの元にやってきます。

 
 

あなたが、人生の「ヒロイン」なる方法がわかる。

有我咲英の無料のメールレター【神話の法則 Letter 】


Gmailでご登録いただいた方は、初回は【プロモーション】フォルダに届きます。

ドラッグ&ドロップで、【メイン】フォルダに移動していただけると、次回から【メイン】に届きます。

「ネコが教えるお金の話」
お買い求めは、全国書店 または、Link→Amazon で、どうぞ♡   ネコが教えるカバー (1)