陰口は、自分に呪いをかけるのと同じこと

口から出る言葉を変えると世界が変わる!

とは言っても、並んでまで買った美味しそうなソフトクリームを、ボタッと落としてしまったのに、

「よかった〜これ食べてたら、また太っちゃうところだった(*ノω・*)テヘ」

みたいに、無理やりポジティブ気取りするって意味じゃないですよ!

何でもかんでもポジティブポジティブ(*ノω・*)テヘって、

自分のほんとうの心に無理やり蓋して、自分をいじめているのと同じだから!

ついでにいうと、バカみたいだから、無闇にやらないほうがいいね!

P6110516

それはともかく、「口から出る言葉を変えると、世界が変わる」というのは、

  • 無理やり、こじつけじゃない自然ポジティブなら、言葉に現実が引き寄せられる
  • 「疲れた〜」とかが口癖になっているなら、「疲れた〜」って言った直後にちゃんと休む(自分の願いを、自分で叶えてあげる)
  • 胸の中でだけ思っていた、「うれしい!」「ありがとう!」を、言葉にして伝える。

みたいなこと、って意味です。

 

でね、この「口から出る言葉」は、素敵なことの引き寄せにもなれば、

自分自身への呪いにもなることを、決して忘れないで。

 

日常的に、ネガティブワード……キライ、ムリ、シ◯ばいいのに。等を言うのはやめた方がいい。

こういう言葉を日常的に使ってると、

どんなに開運行動をしていても、ビジネスで利益が出るように行動していても、結果がついてこない。

 

もし、こういう嫌な言葉を使いたくなる現実に生きているならば、口から出る言葉を変えるんじゃなくて、

  • 現実の方から先に変えて行く
  • そんなこと言いたくなる人とは会わない
  • その場所から逃げる

を、して下さい。

キライな相手が見ていない場所で、「シ◯ばいいのに」とか言いつつ、
キライな相手の前では、にこにこして見せるとかは、最悪の現実ですよ。

キライな相手に媚びるしかできない、最悪の自分を呪っていることになる。

 

スピ齧っていると、こういう時、「キライな人に念を飛ばされて体調悪い」だの何だのと言いがちだけど、

それ、自分で自分を呪って、見事に呪い発動してる状態だから。

たいていの場合、キライだキライだって言ってる相手って、自分のことほとんど眼中になかったりするんだよね……。

 

こういう呪いが渦巻く人にならない、呪い渦巻く人とは距離を取る。その選択、大事です。

 

 

「ネコが教えるお金の話」
有我咲英 最新刊!好評発売中 お買い求めは、全国書店 または、Link→Amazon で、どうぞ♡   ネコが教えるカバー (1)

 


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

mail-xl自由に 豊かに さらに美しくなっていくあなたのための 無料のメールレター

IMG_6374





有我咲英とは……

DSC_6884_s のコピー

作家・自己啓発小説家。

最新刊「ネコが教えるお金の話」VOICE(ヴォイス)出版 2016年7月下旬全国書店で発売。

心に無理をしない節約方法で、地方都市のOLだった29歳にして、二千万円の貯金に成功。

退職後、別ペンネームでのエンターティメント作家として47万部の著作を持つ。

その後、有我咲英と名前を改め、自己啓発小説家となる。会社役員、投資家でもあるパラレルキャリア。

お金を自然に貯める、かしこく増やす、満足感とともに使う。

女性のライフスタイルに合った、無理なく自然にお金が増えていく方法、

お金が貯まるマインドを整える方法を書いていきます。