プロは道具にこだわってはいけない!

プロならば、道具にこだわっていて当たり前!

こだわりの包丁、こだわりのペン、こだわりの空間、こだわりの香り、こだわりのパソコン……。

プロっていうなら、素人が持っていない特別な仕事道具で、特別な仕事をする!

みたいな思い込み、あるかもしれないんだけども。

実は、プロこそ道具にこだわってはいけないんです。

IMG_6516 (1)
どうして?こだわりの道具でしか仕事をしない!とか、プロっぽくて素敵じゃない?

って思うでしょ。でもね、実は違うんだな。

いま、オリンピックをやっているので、それを例にしてみると……
水泳競技で使うゴーグルは、このメーカーのこの品番のこの色!そのゴーグルじゃなきゃ落ち着かない!

という選手が、何かの手違いでいつものゴーグルが本番直前で使えなくなったら?

もちろん、同じ品番で予備のゴーグルも持ている。 でも、いつものやつじゃない。感触が微妙に違う。

これじゃ、落ち着いて本番に挑めない。

些細なメンタルの揺れが、タイムにも影響して……

 

……っていうの、明らかにダメですよね。

オリンピック選手はプロの仕事人ってカテゴリではないけれども。

使い勝手がいいもの、好きなものを使うのはいいんだけど。それに依存して、プロとしてのクオリティを落とすのは、マズイ。

 

自分的にベストなものを常に選びつつ、それが手に入らなくなっても、動揺せずに違うものを選ぶことができる。

これが、どんな仕事をしている人にでも、共通するメンタル維持の方法です

「ネコが教えるお金の話」

中学生でも読めるビジネス書! 有我咲英 最新刊!好評発売中 お買い求めは、全国書店 または、Link→Amazon で、どうぞ♡   

ネコが教えるカバー (1)

 


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

mail-xl自由に 豊かに さらに美しくなっていくあなたのための 無料のメールレター

IMG_6374





有我咲英とは……

DSC_6884_s のコピー

作家・自己啓発小説家。

最新刊「ネコが教えるお金の話」VOICE(ヴォイス)出版 2016年7月下旬全国書店で発売。

心に無理をしない節約方法で、地方都市のOLだった29歳にして、二千万円の貯金に成功。

退職後、別ペンネームでのエンターティメント作家として47万部の著作を持つ。

その後、有我咲英と名前を改め、自己啓発小説家となる。会社役員、投資家でもあるパラレルキャリア。

お金を自然に貯める、かしこく増やす、満足感とともに使う。

女性のライフスタイルに合った、無理なく自然にお金が増えていく方法、

お金が貯まるマインドを整える方法を書いていきます。