場違いかも……と気後れしても、参加した方がいい理由

ご紹介制エグゼブティブ女性の会、“グレイス・ベル”の定例ランチ会に初参加してきました。

13912531_1125752567484158_3281453257232949854_n

左から、サイキックカウンセラー紫月 天弓美さん 開運財布コンサルタント佳山知未さん 

“グレイス・ベル”主催 ファイナンシャルアドバイザーの柿添あいさん 占星術と引き寄せのスペシャリスト能勢みやびさん

 

このランチ会の中で印象的だったお話が、

セミナー、講演会後にパーティーを開きます。と、告知すると、

「パーティーは気後れするから、セミナー、講演会だけの参加にしてます」とおっしゃる方が、意外に多い。

というもの。

 

確かに私、主催の柿添あいさんに、この会をご紹介いただいたとき、

えっ、いいんですか……(気後れ)

みたいな気分になったわ……(*´∀`)だって、

〈グレイス・ベル〉 エクゼクティブ女性起業家限定、完全紹介制の会です。目安は年収が1000万円越え程度。

ですもん。

でも、今までの経験上、

ええっ、いいんですか!?

みたいな気分になる場に勇気を出して行くと、視野がぐっと広がる、それも一気に!という事が多かったから、

ええっ、いいんですか!?(三度目)

みたいな場にお誘い頂いたときや、セミナーや講演会の後にパーティーが企画させているときは、なるべく出席するようにしています。

気後れしていてもいい!ちゃんと出来なくてもいいから、バッターボックスに立つ!

この気持ちです。

バッターボックスに立つチャンスがあるなら、チャンスを逃さず立つ。

バッターボックスに立たなきゃ、ホームランは打てないし、バッターボックスに立った経験は、多いに越したことはない。

自信がなくても、とにかく立つ!

ホームランを打つ自信がつくまで練習してから……なんて言う前に、まず行動です。

 

そもそも、「気後れするので……」の中身って、

慣れないことをして、恥をかきたくない!

ってだけ。ってことも多々あるので、多少、恥をかくことがあったとしても、

恥<新しい視点

の方が、自分にとって重要だと思う場合は、勇気を振り絞って出ていってみた方がいいと思うわけです。

そんなわけで、私はどきどきしながら、エグゼブティブ女性の会“グレイス・ベル”に参加したわけなのですが、

エクゼクティブは、余裕があるので優しく穏やか。

と、よく言われている言葉そのままの、余裕と優しさと美しさを兼ね備えた女性ばかりでした。ありがとうございました。

 

その後、柿添あいさんと二人でLink→丸善丸の内本店に移動して、

img_6453

ネコが教えるお金の話」が平積みになっているのを見て……♡(ラノベ作家から、自己啓発小説家転身を決めたのが、丸善丸の内本店だったので感慨深い……)

丸善のカフェで、オタクオタクっていうけど、私達レベルでオタクだなんてまだまだ……(オタクは超専門的な知識を持つ賢者の敬称)という話をして、かなり盛り上がってしまいました。

あいさん、面白すぎます!お金のプロフェッショナル美女なのに中身が宇宙人なところも!

 

 

有我咲英 ariga sakie 作家・自己啓発小説家


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

mail-xl自由に 豊かに さらに美しくなっていくあなたのための 無料のメールレター

IMG_6374





有我咲英とは……

DSC_6884_s のコピー

作家・自己啓発小説家。

最新刊「ネコが教えるお金の話」VOICE(ヴォイス)出版 2016年7月下旬全国書店で発売。

心に無理をしない節約方法で、地方都市のOLだった29歳にして、二千万円の貯金に成功。

退職後、別ペンネームでのエンターティメント作家として47万部の著作を持つ。

その後、有我咲英と名前を改め、自己啓発小説家となる。会社役員、投資家でもあるパラレルキャリア。

お金を自然に貯める、かしこく増やす、満足感とともに使う。

女性のライフスタイルに合った、無理なく自然にお金が増えていく方法、

お金が貯まるマインドを整える方法を書いていきます。