「あの人に利用された……」と思った時は

私に利用価値が無くなったから、あの人は去ったんだ……

みたいな気分になること、多かれ少なかれ、人間関係の中で生きていればあることじゃないかなと思います。

  • 金の切れ目が縁の切れ目
  • 私より、もっと美人が現れた
  • 私より、もっと面白い人が現れた
  • 私より、もっと尽くしてくれる人が現れた

いわゆる恋愛関係じゃなくても、こういう理由で人が自分から離れたような気持ちになる時がある。

 

相手に使った、お金や時間やまごころが、無残に投げ捨てられて泥まみれになったような気がするけれど。

それは決して、泥になんかまみれていない。

 

相手のために、お金や時間や真心を差し出した時。それが、あなたの喜びだったのならば。

去った人が、一度笑顔と共に受け取ったそれを、今さら投げ捨てたように思えても。

 

あなたが、その喜びに使ったものは、今だってあなたの喜びでしかない。

 

だからこそ、あなたが

  • お金
  • 時間
  • 真心

を、誰かのために、何かのために使いたいと思ったときは。

相手が、あなたに感謝すらせず投げ捨てたとしてもあなたは満足できるのか。

それを、心の隅に留目ておいた方がいい。

 

これも、ある意味、賢いお金の使い方の一つだと思うので。

 

 

有我咲英 ariga sakie 作家・自己啓発小説家


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

mail-xl自由に豊かにさらに美しくなっていく女性のための、水曜日に届く無料のメールマガジン。

IMG_5765
【gmailでご登録の方】
「プロモーション」フォルダに振り分けられることがあります。
届いたメールをメインフォルダに移動して下さい。次号よりメインフォルダに届くようになります。


youtube-3-xl【ariga sakie】