「等身大」でブログを書くのって、実はものすごく難しい。

あなたはお仕事ブログを書いたり、フェイスブックをビジネス用にしているひと?

そのブログやfacebook書いている時、何を考えて書いている?

理想のお客様を想像して、その方のために書いている? それがブランディング?

でも一方で、

ブランディングに固執するのはナンセンス!

……みたいな、ありのまま、等身大至上主義の人もいるよね。

tumblr_o9kl8flGUB1v4yqceo1_1280

そもそも、ここで言う「ブランディング」とは……

本来の、ビジネス用語の意味とは違っていて……

「人にどんな人だと思って欲しいか考えて行動する」という、他人の目を意識した行動、みたいに言われている感じかな?

そんな、他人目線の行動をしていては、自分の人生がうまくいくわけがない!ってことらしい。

確かに、一理ある。

自分ではない者になろうとして、ブランディングで自分を作り込んていったら、出来上がるのは……

胡散臭くて、怪しいシロモノ

だからね……。

ときどき、こんな方を見かけることない?

  • 愛♡感謝♡の、ポジティブ用語満載……
  • 一般論にかみついているだけの、辛口……
  • 楽しげな文章なのに、目が笑ってない写真ばかり……

ほんとうに、本心で「これがいい」と思ってやっているならいいんだけど、

誰かに「これをやるといい」と教えてもらって、自分でよく考えもせず、実行している感満載……。

だから、「そういうのってダサい!」と思う人は……、

ありのまま!頭の中を垂れ流す覚悟で書くのが、一番のブランディング!

みたいな方向に突っ走ってしまう。

でもね、注意しなきゃならないことがあるんだよね。

ありのまま、思うままを書く!っていって、どんどん書いていっても、

自分が思ってる、「ありのままの自分」って、まだまだ、ものすごく厚着してる状態だったりするから。

だって、「ありのままの自分」の中には、今まで生きてきた間に刷り込まれた……

  • 親に愛される正しい答え
  • 学校の先生に愛される正しい答え
  • 恋人に愛される正しい答え
  • 夫に愛される正しい答え
  • 子供の躾は、世間に叩かれないようにしたいという想い
  • 自慢は、友達に仲間はずれにされるからダメという縛り……

こういうものが、ガッチリまとわりついていて……

がんじがらめのマイルール、ぱんぱんの厚着状態。

でもね、自分じゃよくわかんないんだよね、こういうのって。

頭に浮かんだものを、そのま書くのが「ありのまま」「等身大」というけれど。

これがナチュラルに出来るのは、奥の奥にあるカタチの無いものにまで、言葉というカタチを与えることができる、稀有な人材だけ。

もっさもっさに厚着している自分を、「ありのまま」だと思い込んで、頭の中を垂れ流す〜と言いつつ、無意識にインストールしていた、親の常識、世間の常識を垂れ流していたら……

気づかないうちに、ものすごく苦しくなってくる。

つまり、自分を守るための厚いコートも、お母さんが編んでくれたセーターみたいな常識も、もう脱いでいいということ。

もう大人になったんだから、寒い時は自分でコートを着られるし、いつ寒くなるかわからないから、なんて、用心しなくてもいい。

もしかしたら、案外とあたたかい場所かもしれない。

絶対に寒い思いをしないで済むかといえば、そうとも言えないんだけど。

寒くなったら、お友達の家に遊びに行って、「ご飯食べさせて」「お風呂貸して」って言ってもいいし、いっそ、誰も知り合いがいない、南の島に逃げちゃってもいい。

何年も泣いて暮らすほど、自分自身と向き合うことを、今すぐしなさいとは言わない。

ただ、ぶ厚いコートを一所懸命着込んだままで、

「これがありのままの私です」

と、言い張るのは、もう止めていいんじゃないかと思うんです。

 

 

作家・天職資産化プロデュース 有我咲英(ありがさきえ)

あなたの過去を「神話の法則」で読み解けば、人生と天職が資産化します。

読み応えのあるコラムと、無料レッスン動画がつく「神話の法則」メールレーター好評配信中。


Gmailでご登録いただいた方は、初回は【プロモーション】フォルダに届きます。

ドラッグ&ドロップで、【メイン】フォルダに移動していただけると、次回から【メイン】に届きます。

「ネコが教えるお金の話」
お買い求めは、全国書店 または、Link→Amazon で、どうぞ♡   ネコが教えるカバー (1)