天職や才能を仕事にする方法って、実は一つじゃない

「大きくなったら何になりたい?」って子供の頃に聞かれて、なんて答えましたか?

  • アイドル
  • パティシエ
  • スポーツ選手
  • 漫画家
  • ダンサー
  • スーパーヒーロー

ありとあらゆる、「微笑ましい子供の夢」大人になって叶えた人、どのくらいいるでしょう?

img_4914

私はね、子供の頃の夢はこんな感じでした。

私、最初は小説じゃなくて、少女漫画家を目指してたんですよ。

少女マンガ雑誌に投稿をして、担当さんがついて、一所懸命ブロット、ネームを描いて、ストーリー作りというものを学んだことが、その後、小説家として仕事をするとき、とても役に立ちました。

少女漫画家を目指す道は挫折したけど、その努力と時間は無駄じゃなかった。

一部で、「ホントは何してる人なんですか?」と聞かれがちな、リビングしゃちょー(夫)も、

小学生の頃、プロの将棋指しを目指したり、

その前の幼稚園児の頃、駐車場のオーナーを夢見たり(なんて幼稚園児だ)していたことが、

今の社長とコンサルタント、投資に活かすことができているらしいです。

「将棋指しを目指していたことが、どうして社長とコンサルと投資に活用できているんですか?」

っていう疑問も当然、出てくるでしょう……。

この話は長くなるから、ざっくりまとめると、

世の中には、とんでもない才能を持っている人がいて、そういう人と真正面から勝負してもどうにもならない。

という、「揺るぎない事実」を、身を持って知った。

身を持って知ったからこそ、真正面から勝負してもどうにもならない場合は、

自分が勝てる方法、場所、タイミングを探す!

これを学んだそうなんですよ。

学生の頃は、いわゆる成功って「勉強がんばる」だけでよかった。

でも、社会に出たら……違った。

天職や才能を仕事にしたいと思っても、どうすればいいのかわからない。

なんとか就職した会社で、一所懸命仕事をするか、

夢を持って起業しても「起業は認知!」なんて言われて、アメブロとSNSを必死で回している。

 

ねえ、知ってる?

あなたが「天職」を、「才能」を活かして売れる方法って、実は一つじゃないんだよ。

子供の頃、あなたがどんな仕事を夢見ていたか、その夢を叶えるために、どんな努力をしていたか。私は知りません。

でも一つ言えることは、

子供のあなたがしていた努力は、形を変えて、今のあなたの強力な武器になっている。

子供の頃のあなたは、いつもあなたを応援しています。

今、どんなあなたでいたとしても、子供の頃のあなたは、あなたを裏切らない。

私は、そう思うます。

 

 

作家・天職起業プロデューサー 有我咲英(ありがさきえ)

天職で売れたいあなたを、オールインワン・プロデュース。

〈ポジショニング✕ワードプレス✕メルマガ〉構築で、あなたの仕事を、「売れる天職のカタチ」にします。

読み応えのあるコラムと、無料レッスン動画がつく「神話の法則」メールレーター好評配信中。


Gmailでご登録いただいた方は、初回は【プロモーション】フォルダに届きます。

ドラッグ&ドロップで、【メイン】フォルダに移動していただけると、次回から【メイン】に届きます。

「ネコが教えるお金の話」
有我咲英 最新刊!好評発売中 お買い求めは、全国書店 または、Link→Amazon で、どうぞ♡   ネコが教えるカバー (1)