メンターも憧れの人も、あなたの「正しい答え」は知らないのだ

こんなとき、どうすればいいんだろう……。

迷ったとき、困ったとき、選べないとき。

人は誰かに答えを聞きたくなってしまいます。

  • 恋人
  • 親しい友達
  • 親、兄弟
  • 占い師

思いつく限りの人にLINEしたり、直接会って話をしたり。

でも今は、もしかしたら……。

ネットで検索して答えを探す。

これが、困ったときの解決方法最上位かもしれません。

 

o_1adh74vggkao1fej6f297c1hnf7_new

 

ネットで検索して出てきた、まったく知らない人の意見に心が安らぐこともあるでしょう。

セレンディピティ(予期せぬ幸運)かもしれない。

私も、そういう経験はある。

 

ただ、ちょっと怖いな……と思ったのは、

自分で決めたメンター、憧れの人のSNS過去ログをあさって、自分の答えを見つけようとしている人を、見てしまったとき。

 

〜さんなら、どう言うだろう。

〜さんなら、どうするだろう。

そういうものを参考にするのはアリだと思うけど。

自分が判断し、感情を味わい、次なる行動を見つける。その過程を、

いくら大好きで憧れていて、その人が日々SNSに良いことを書いていたとしても、

メンターや憧れの人、たった数名のSNSに、自分の世界を受け渡してどうする?

 

どうしよう、どうしよう、困った……。

そういう気分になることはある。答えが欲しくて、ネットで検索しまくることも、もちろんある。

答えが出なくて苦しくて、もう投げ出してしまいたいたくて。それでも諦めきれなくて、苦しい時間ばかりが過ぎていく。

 

それでも、その苦しみさえもが、自分だけのものなのだ。

メンターや憧れの人は、あなたの人生を生きてくれない。

あたり前だ、そんなことわかってる。

あなたは、きっとそう言うと思う。それでも、私はもう一度言う。

 

苦しみさえもが、自分の人生だ。

 

苦しさに自分の力で向き合わないということは、

幸せにさえ、自分の力では向き合えないということだ。

 

苦しさをメンターや憧れの人の言葉で癒やしてばかりいたら、いつかやってくる大きな幸福に気付けなくなる。

メンターや憧れの人が、「それがあなたの幸福ですよ」と、言ってくれない限り気付けない。

 

自ら望んで家畜小屋に入り、メンターや憧れの人に餌を与えてもらうのを待つ、そんな人生で本当いいのか。

家畜小屋で自分とそっくりな人たちに囲まれて一生を終える、それでいいのか。

 

どんな苦しみも幸福も、私の元にやってきたものならば私は受け取り、

手放すことも抱きしめることも、私が選ぶ。

 
有我咲英 ariga sakie 作家・自己啓発小説家


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

mail-xl成功も恋もお金も!すべては「生命力」で決まる!週一回、水曜日に届くメール・マガジン。

【gmailでご登録の方】
「プロモーション」フォルダに振り分けられることがあります。
届いたメールをメインフォルダに移動して下さい。次号よりメインフォルダに届くようになります。


youtube-3-xl【ariga sakie】