三十歳で貯金二千万円

気をつけていないと、貯まってしまう。

 

自分で働くようになってからの、私のお金のイメージってこれでした。

高校を卒業後、地元で就職。
親が就職祝いにと買ってくれた、白い軽乗用車で通勤して、三十歳の誕生日あたりに会社を辞めたときの、私の貯金は二千万円。

SplitShire_IMG_7416-1152x759

高卒の実家住まいの地味系OL

このスペックで二千万円は多いか少ないか、とかいう話になるといろいろ面倒なので省きますが。

結局のところ、入ってきたお金以上の貯金はできないんだから、お給料の収入だけで貯金を増やしたいなら、いかに出て行くお金を減らすか。
これを工夫するしかない。

私の場合は、遠野物語的な田舎のおばあちゃん子として、

もったいねがらかうな(お金が勿体無いから買ってはいけません)という教えを守り

貯金した金はねぐなったものとおもうんだぞ(一度貯金通帳に入れたなら、お金は無くなったものと思いなさい)
と言い聞かせられた通り、貯金に变化したお金は無くなったものとして日々忘れて暮らし

あさがらかいものすんじゃね(午前中に買い物をしてはいけません。これの応用で、元旦から買い物をしてはいけません。も、ある)
という教えの意味を、ほとんど考えもせず守った結果

三十歳で、二千万円。

で、自分が二千万円の貯金を持っているということに気付いたのも、会社を辞める!と決めた、三十歳直前のことでした。

だからね。
よく、お金と豊かさがテーマの自己啓発本とか、スピリチュアルとかで、

  • お金はさみしがりやさん
  • お金に愛される女になる
  • お金さんに、大好き!って告白しちゃいましょう
  • お金が気持よく居てくれる幸運財布

みたいなものを読むたびに、

その意識改革以前に、やっといた方がいいことがあるんだよ。と、思っていました。

それはね。

私はお金がない。と思ってお金を欲しがっているなら、貯まらない。と気づくこと。

これ、本当のスタートラインです。

 
有我咲英 ariga sakie 作家・自己啓発小説家


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

mail-xl成功も恋もお金も!すべては「生命力」で決まる!週一回、水曜日に届くメール・マガジンはこちらから。






youtube-3-xl【ariga sakie】


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA