夫の収入を上げる、妻の心構え

有名大学を出てはいるものの、超安月給で、毎朝
「仕事いきたくないよう~」とダダをこねていた夫が、

月給10万円から、月収10倍以上になりました。

……からはじまる話のウソっぽさ。
なのに、嘘じゃない。という事実。
o0800053313539751710

とすると決めたとき、私は夫が安月給ということは知っていましたが、

「まあ、自分の食い扶持くらい稼いでくれるならいいや」

と、思いました。
その時は、まさか夫が稼ぐ人になろうなどとは、
まっっっっったく想像していなかった。
と、同時に、
この人(夫)には、私が必要なの……とも、まったく思っていなかった。

支える気も、支えられる気もない。

多分、私の最初のスタンスがこれだったから、
よかったんじゃないかなあ、と今になって思います。
夫が稼がないんだから、私が!私が人一倍稼ぐ!
この人を助けてあげられるのは、私しかいない!
とか思っていたら、多分、早々に共倒れてましたね。
 だから今、
  1. 夫の稼ぎがもっと多かったら……
  2. 彼にお金があれば結婚できるのに……
と、思っている方には、

稼いで!と思えば思うほど、あの人たち稼ぎません!

と、申し上げるしかない……。
なぜかというと、
稼いで欲しい!とアナタが思っているのは、実際に口に出していなくても、
態度や言葉の端々にうすーくまとわりついて、相手に伝わってしまう。
たいていの人は、
 

稼いで欲しい=今の稼ぎじゃぜんぜんダメ。

って、ダメ出したれたら、もう動けません。
意地悪して動かないんじゃないんです、動けないんです。

だから、一番いい循環になる妻の心構えは、

自分の意識を、夫に傾け過ぎない。

 

これかもしれないなー。

 

有我咲英 ariga sakie 作家・自己啓発小説家


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

メルマガ登録


youtube-3-xl【ariga sakie】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA