何度も失敗する人の特徴をゆるキャラで解説

恋愛、仕事、人間関係、お金……。

なんでまた、同じようなところでつまづいちゃうの!?

次こそは、ぜったいうまくいかせるんだから!ってがんばったのに!

次こそは!と思ってがんばった!ちょうがんばった!
前と同じ失敗しないように考えて……考えながら動いて……

なのに、また失敗!?

おかしいよ、ちゃんと前みたいに失敗しないように、考えて行動したのに!

……うん。
ちゃんと考えてたよね。考えて行動したよね。
なのに失敗したってことは……。

先入観・偏見・思い込み!
フランシス・ベーコンの「イドラ説」で、
価値観を点検してみようじゃないの!

イドラ=IdoI(アイドル)の語源となった「偶像」
先入観・偏見・思い込みのこと。

ガクブル間違ったままの価値観で行動するとこんな感じ……。

どうしてお金がないの?→お金持ちズルいから、そんな人にホントはなりたくないんだもん!→どうしてお金がないの?……無限ループ。

ガーン!!鳥だって魚だって、みんなみんな生きているんだ、友達なんだ~♪……なのに。

【1】種族のイドラ(自然性質によるイドラ)人間にに生まれたがゆえに生じる偏見。

ガーン!!尊敬する人が言ってたから……。カッコ良くて感動しちゃった……。

【2】洞窟のイドラ(個人経験によるイドラ)個人の習慣・教育・経験から生じる偏見。

ガクブル世間の声っていうか、ごく普通に見聞きするニュースとか、そういうので……

【3】市場のイドラ(伝聞によるイドラ)言葉が思考に及ぼす影響から生じる偏見。

ガクブルえらいせんせい!とか、伝統!とか、そういうの……

【4】劇場のイドラ(権威によるイドラ)権威や伝統を無批判に信じるところからくる偏見。

この4つのイドラが、価値観になっている……思考の根っこのことろに入り込んでで、
そのせいで失敗を繰り返している可能性があってね……。
じゃあ、

自分にとっての「あたりまえ」が間違ってたら、
何度がんばったって失敗するよね!

っていう話ですよ。
何度も何度も何度も……エンドレスで、痛い目を見続けている人は、

自分が、あたりまえだと思っている「価値観」が、そもそも間違ってるんじゃないか?

っていうことを、考えてみたほうがいいねー……。というお話でした。

16世紀イギリスの哲学者、フランシス・ベーコンは……。

ってことで、お願いします。

へっぽこ棒人間作画&企画レポートは、
リビングしゃちょー(夫)でお送りいたしましたー(^^)
有我咲英 ariga sakie 作家・自己啓発小説家


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

メルマガ登録


youtube-3-xl【ariga sakie】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA