お金を「諭吉」と呼ばない方がいい理由

お金を「諭吉」と呼ぶの、たまに聞きますよね。

でも、ちょっと想像してみよう。
お金持ちが、お金のことを「諭吉」って呼ぶイメージある?

 

なんだか、そんな風に呼んでいるイメージない……。「諭吉」っていうと、一枚、二枚単位って感じ。

お金持ちが持っている一万円札って、一枚、二枚じゃないよね?

そもそも、現金の形でそんなに持ち歩いてないよね?

ついでにいうと、お金持ちにとってのお金のイメージって

「高級和紙に精緻な印刷で肖像画が描かれている、あの紙」ではないんだよね。

tumblr_o0pk2cnx3H1u60tx6o1_1280

 

実は、「お金」っていって、あの一万円札とか、ちょっとひねって金の延べ棒とかゴールドのコインとか、

そういうのイメージするのって、お金の循環から外れた発想なんです。
お金が紙の形や、金の形になっているのは、ほんのいっときの姿。

お金は、わたしの世界で、水のように形を変えながら循環する豊かなもの。
それが一時的に取る仮の姿が、諭吉さんの顔が印刷されている、あの和紙。

だから、お金=「諭吉」って呼んでいる時点で、循環の一部しか見てないことになるし、

そこにフォーカスしても、一枚二枚単位でしかやってこない、というわけです。

 

有我咲英 ariga sakie 作家・自己啓発小説家


check-mark-8-xl【同じカテゴリーの記事】

[npc width=”120″ height=”80″ dynamic=”1″]

 

メルマガ登録


youtube-3-xl【ariga sakie】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA