願いが叶う手帳の書き方のコツ 2017年最新版

手帳に書いて願いが叶った話、私の実話です。

あれは、年のはじめのこと……。私は手帳に3つの願いを書きました。

o0480048013526704625

この写真の、紺色の方のノート。CDノートPremium。という、普通の罫線しか入っていないノートに、

私は、とある願いを書きました。

で、書いたことを完璧に忘れたまま年末を迎え……。

ノートをなんとなく見返していて、自分で書いた年の始の、それを発見して。

「あれ? これって、全部叶ってる!?」

1月に書いた望みは、年末にすべて叶っていた!

 

どうして叶ったの?書き方に、コツがあったの?

それを冷静に考えてみました。

  1. 心が高ぶった瞬間に、感情をぶつける勢いで書いた。
  2. 願いは、3つ。
  3. 書いた後は、それを完璧に忘れていた。

 

新月の何時。みたいなのだと、望み、願望、欲望、そういうのを「頭で考えて」書くことになりがち。

頭で考えた望みではなく、「もう、こんな前提で生きるのは、ぜったいに嫌なの!私は変わるの!」という感情をぶつける勢いだった。

 

お伽話でもなんでも、お願いの数といえば3つ。

10でも20でも100でも、お願いがあっていいんだけど。3つに絞ることで、意識が集中する。

 

「私は決めた」その事実、決意、意識だけが重要なので、書いたものを時々読み返す等のことはまったく必要ではない。

完璧に忘れることで、潜在意識に入る。

あと、多分これも重要なことで、

絶対に、手書き。

 

タスクとしてスマホやパソコンに入力するんじゃなくって(それは別方向で、超有効だけど)

手段はまだよくわかんいないけど、私はこの望みを叶える!

みたいな、タスクに落とし込む前の望み、願いは、

ぜひ、お気に入りの筆記用具でお気に入りの手帳に、情熱をぶつける勢いで書いてみて!

そして、これが超重要なことなんだけども!

「願い」は、手帳が叶えてくれるんじゃなくって、あなたが叶えている!

これね、忘れがちなんだけど。

手帳に限らず、「願い」を叶えるためのグッズ……石、オイル、お守り、そういう「モノ」が、願いを叶えてくれるわけじゃないんですよ。

グッズという目に見えるもので、自分の中の「願い」を表現する!そのための「モノ」だということを、決して忘れずに、願いを叶えちゃって下さい♡

作家・天職資産化プロデュース 有我咲英(ありがさきえ)

あなたの過去を「神話の法則」で読み解けば、人生と天職が資産化します。

読み応えのあるコラムと、無料レッスン動画がつく「神話の法則」メールレーター好評配信中。


Gmailでご登録いただいた方は、初回は【プロモーション】フォルダに届きます。

ドラッグ&ドロップで、【メイン】フォルダに移動していただけると、次回から【メイン】に届きます。

「ネコが教えるお金の話」
お買い求めは、全国書店 または、Link→Amazon で、どうぞ♡   ネコが教えるカバー (1)